前へ
次へ

小児医療では感染予防も大切

小児医療の現場では、感染予防に対する考え方が曖昧であってはなりません。
子を持つ親が容易に判断

more

小児医療の1つである予防歯科の携わり

小児医療と一口にいっても、小児科のみならず、アトピー性皮膚炎なら皮膚科、虫歯治療ならば歯科で行うため

more

リハビリを行う小児医療

リハビリテーション専門職には、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がいます。
この士業も小児医療

more

小児医療の危険性と今後の展望への期待

地方における医療の問題は年々大きくなりつつあります。
特に小児医療に関する問題は深刻となっており、医療関係者の不足が懸念されてきました。
地域によっては小児科を毎日開くことができなくなり、1日おきや3日おきなどに診察するようになっており、地域の子供達の医療への対応が遅れてしまう可能性が懸念されています。
ただし、全体的に病院がなくなってしまうわけではなく、一部の地域のみとなっていること、複数の医療機関で他の病院からの患者を受け入れる姿勢があることなどから、相互協力という形で今後も医療関係者が対応するといわれています。
さまざまな医療に関して懸念の声が上がっていますが、小児医療に関しては迅速さが必要となる場合も少なくないことから、今後はAIや遠隔操作による治療などをも本格的に視野に入れなければならないと一部メディアで報じられる回数も増えています。
遠隔地での医師の問診や対応に関して、遠隔操作による問診などができるように、今後期待されているのは事実です。
小さな子供にとって1分1秒でも早く体調が回復できるようにしてほしいと考えるのは、どの親も同じ事といえます。
そのため、子供の体調を緩和させるためにも、すばやく対応できるAIや遠隔操作による問診への対応を早めたほうがいいでしょう。

ホームページ制作はいわき市にある当社におまかせ!
ヒアリングをしっかりと行い、お客様の希望や目的に沿ったホームページを制作いたします。

地方への引越しの際に掛かる費用をまとめて見積もり依頼
アクティブは無料で引越し費用お出しさせていただいています

食品製造のことは埼玉のユニフィードエンジニアリング
安心の食品添加物で企業様をサポ-トします

いつでも子供が健康でいられるように願うのは親として当然のことであり、何かあったらすぐに病院に連れて行きたいと考える人も少なくありません。
しかし、肝心の病院の閉鎖や医師の不在、医療スタッフの減少など、子供の健康を預ける場所が減少しているのが現状です。
そのため、親同士が連携して連絡網などで医師の情報を交換することも増えてきました。
どこの小児科医であれば夜間でも見てもらえるのか、どの医療機関は子供に優しいのかなどを、ネットでの情報だけではなくSNSでやり取りすることは多くなっています。
しかし、一部にしかない医療機関において多くの子供たちが普段から診察を受ける場合、医師の疲弊などが懸念されています。
そのため、医療スタッフなどの確保だけではなく、より多角的な医療の環境を整えることが必要です。
ドラッグストアなどを利用した軽いかぜなどの対応をはじめとして、AIなどの活用を含め、トータルで医療現場に負担をかけすぎないようにすることが必要となるでしょう。

Page Top