前へ
次へ

楽しさを体験させる小児医療

言語障害も小児医療で受け入れられている疾患です。
まだ幼い子は、行動を制御(抑制)できないものです。
また、言葉に発達障害を持つなら、その子の親ですら、何を伝えたいのか理解に苦しむことさえあります。
対応に困るときに、言語聴覚士がサポートしてくれます。
簡単な手話であったり、イラストや文字を指でなぞったり、トーキングが困難でもリーディングやライティング、リスニング力を鍛えさせてくれます。
小児医療でのコミュニケーションの難しさには、他にも警戒心が強いことがあるようで、親から離れないこともあります。
小児医療では、遊びを交えながら治療を施すこともあります。
次第に、親が一定間隔の距離にいても、なんなく治療ができるまでになります。
小児医療では、子供の興味のあることを優先した訓練を行うことに努めているようです。
病気になっても、病院に行くことになっても、そこに楽しいことが待っているのなら、前向きに治療を受けてくれるようです。

Page Top