前へ
次へ

小児医療では必要な情報をアイテムで与える

病院では静かにするのはマナーですが、難聴のお子さん、親御さんもいます。
補聴器が必要なツールです。
小児医療の現場では幼いお子さんが病気や怪我をして入院や通院するため、何にでも興味を示す好奇心旺盛なお子さんになるように、待合室や病棟の図書ルームには絵本がおいてあります。
幅広い月齢・年齢の子から支持を受けているような絵本作家の本、病気を克服したノンフィクションの本もあります。
心あたたまる、見ていて楽しくなる作風などは、小児医療を受ける親子、お見舞いにくる人を幸せな気分にさせる内容です。
もちろん、現実を受け入れなければならない病名を突きつけられることもあります。
その経験を生かした本も提供されています。
インパクト、活気に満ちたものから、控えめでも必要な情報だけをしっかり文章に載せています。
こうした図書には、ドクターが執筆した本も提供されているケースがありますから、担当医のことを知るために読んでみるのもおすすめです。
絵本のみならず、音の部屋にはドラムやキーボードなどの楽器が用意されており、興味を失わせない、そうした小児医療の実態も知っておきましょう。

Page Top